肌の弾力を取り戻すために|しわ取り化粧品でトラブル改善

顔の手入れ

種類と配合成分

化粧水

ビタミンc誘導体は非常に高い浸透性を持っていて、スキンケアとして非常に高い人気があります。1980年代から非常に多くの女性に使われてきたので、その効力は十分に信頼することができます。ただし、ビタミンc誘導体が入っている化粧品であれば、どれも効果が同じという風に判断するのは尚早です。実はビタミンc誘導体にも種類があるのです。そのタイプによって浸透力がまるで異なります。そのため、化粧品を選ぶときには、こうした種類に注目することも大事なことです。たとえば、高浸透性のタイプであれば、アプレシアという種類があります。成分表でこの記載があれば浸透力が高いものと判断することができます。他にも、刺激の強いタイプ、刺激の弱いタイプもあります。

ビタミンc誘導体に注目して化粧品を選ぶことは、スキンケアにおいて重要なことですが、他の配合成分にも目を配りましょう。たとえば、肌の潤いを保持するのに効果が高いヒアルロン酸が配合されているかどうかを見るのも良いです。また、抗酸化作用の高いビタミンEが含まれている化粧品を選ぶのも肌トラブルの予防になります。自身の肌にとって大事だと思うことをまず定めて、それを改善することができる配合成分が入っているかを選択基準にするのもおすすめです。ちなみに、乾燥肌や敏感肌の人の場合は、配合成分がバランスよく配合されているものを選ぶことが良いです。高濃度のものを使用すると逆効果になりますので、保湿成分であるコラーゲンやヒアルロン酸なども含まれている化粧品を選ぶと肌には良い効果をもたらします。